(Excel No2)「Mac版はWindowsAPIが使えないからダメ!?」


最近(注意:この記事は数年前のものです。まあ、昔話として読んでくださいませcheeky)、ExcelVBAに関する書籍が増えた気がする。中にはMac版なんてのもあるようでんな。これ自体は望ましい事やけ ど、個人的にはあまり気に入るものがないのが残念...。パラパラと立ち読みして三つ以上は「なるほど!」と思える記事がないと買う気にならんから、今の ところ全く買っとらん。

特に、WindowsAPIが使えないのが欠点(弱点)みたいな事を書いてあるものは対象外やね。Macやねんから使えんでも当たり前なんちゃうの?

仮に使えたとして、一体何がしたいんや?

では、逆にMac版ではできるけどWin版ではでけへん事はないの?

ありまんがな! macscript関数が!

この関数では、VBAからMacユーザーにはお馴染みのAppleScriptが実行できます。

あたりまえやけど、Windowsでは動きまへんな。

では、例を一つ軽く紹介しましょう。

「フォルダパスを選択するダイアログを表示する方法」

Windowsでは、どないするんでしょうねえ。私はダイアログシート、VBAで作ってましたけど、WinAPIでは出来なかったか、出来ても面倒だったような気がする。(知らんだけか?)

ところが、Macだと、

Dim path As String

On Error Resume Next

path = MacScript("choose Folder")

If (Err = 0) Then    'キャンセル(およびエラー)以外

MsgBox path

End If

MacScriptの一行で済んでしまう。なんて楽なんだ!

他にも色々できまっせ!

こんなんで十分ちゃうの?

これを機会にAppleScriptを勉強してみてもいいんちゃうかな。

少なくともWinAPIよりは覚えやすいやろ。

仕事の現場で即使える! Excelビジネス文書徹底入門 [Excel 2010/2007/2003/2002対応]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください