(Excel No11)「もう一つの文字列置換」


VBAで文字列の置き換えを行う場合、次のようにします。

Cells.Replace What:="嫌い", Replacement:="好き", LookAt:=xlPart, _
        SearchOrder:=xlByRows, MatchCase:=False

一般的にはこうなのですが、「正規表現が使えないなんて!」なんて人がいるかもしれません。
残念ながら、正規表現に詳しくないのでその例を示す事が出来ませんが、さわりだけ。
以前のOnePointで、MacScript関数でAppleScriptが書けると書いたのを覚えていますでしょうか?
つまり、AppleScriptを使って、正規表現やテキスト処理に強いPerlに処理を任せてしまえばよいのです。
ここでは、MacJPerlにやらせてみました。

Option Explicit
Sub
Test()
    Dim orgText As String
    orgText = "私は、Excelが嫌い嫌い大っ嫌い!"
    MsgBox ReplaseText(orgText, "嫌い", "好き")
End Sub
Function
ReplaseText(iOrgText As String, iBefore As String, iAfter As String)
    Dim script As String
    script = "set buff to """ & iOrgText & """" & vbCr & _
            "set PerlScript to ""$ans=$ARGV[0];$ans =~ s|" & iBefore & "|" & iAfter & "|g; print $ans;""" & vbCr & _
            "tell application ""MacJPerl""" & vbCr & _
            " set aRetList to Do Script {PerlScript, buff} mode Batch" & vbCr & _
            "end tell"
    Debug.Print script
    ReplaseText = MacScript(script)
End Function

Debug.printでスクリプトの内容を出力していますので、イミディエイトペインで確認してみて下さい。
本当は、正規表現を駆使した例を書けるとよいのですが。。。
まあ、それはみなさんにお任せするとしますか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください