Xoops piCal 更新


Xoopsを最新に更新し、モジュールも更新したのですが、piCalも更新し以下のようなエラーが出てXoops自体が起動しなくなってしましました。

piCal cannot work without Protector’s BigUmbrella anti-XSS.

で、WEBで検索してみるとProtectorを入れて、有効にしろと。

http://www.xugj.org/modules/xpwiki/?ModuleManuals%2FprotectorV3

入れたはいいのですが、Xoops自体が動かないので、有効にできないし・・・

仕方がないので、一旦piCalを削除するとXoopsにログインできるようになったので、その状態でProtectorを有効にしたあとpiCalを入れなおしました。

にしても、あまり詳しくない私には非常に不親切な仕様だなあと感じました。

そういう人は使う資格がないといわれているようで、削除してしまおうかなとも思ったのですが、とりあえず今回は残しておきました。

色々と考えさせられた出来事でした。

http://www.xugj.org/modules/xpwiki/?ModuleManuals%2FprotectorV3

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください