WSL の罠

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebook にシェア
[`evernote` not found]
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]

昔はWindowsでLinuxというと、cygwinを使っていましたが、今ではWSLという便利なものがありますね。

私は、WSLにUbuntsを入れています。
VirtualBoxなどを使う手もあるのですが、うちのPCは少し貧弱でして。

しかし、ファイルの作成関係で嵌ったので、その点だけここで紹介します。
WordPressのエディタがおかしくて、まともに記事が書けないので、テキストのみです。

WSLでは、Windowsのフォルダ上のファイルをWSLで見ることが出来るようになっています。そこで、Windows上でフォルダやファイルを作ってみたのですが、どういうわけかWSL上で見えません。
色々ググってみると、確かにそのような現状があるようで、あきらめて今度はWSL上でファイルを作ろうとしました。

しかし、何度やっても「書き込みができません」的なエラーが出てファイルを作成できません。

よくよく調べてみると、同名のファイルがWindows上に存在したからでした。
WSL上ではそのファイルが見えていないため、気づかずに何度も同じ間違いをしていたのでした。
わかるとどうという事はないのですが、はまってしまいました。
皆さんも気を付けましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください